chakokuのブログ(rev4)

日々のごった煮ブログです

CQ出版からの頂き物;2010年のカレンダー

年末にCQ出版から荷物が届いて、本?と思ってみてみたら今年のカレンダーだった。江戸時代の錦絵?というかそういうのと思われるのですが、えらくでかいのと絵がちょっと怖くてどうしたものかなーと思っていた*1。年も明けて落ち着いたので部屋に貼ってみた。貼った部屋が和室なせいか、このでっかいカレンダーも部屋の風景になじんで室内がきりりとひき締まる印象です。さすが。。図柄を選んだ方のセンスに脱帽いたします。(落語が好きで江戸文化とか少し勉強してるのだけど、勉強不足でこの絵が一体どういうものか全く分からない。豊原国周という浮世絵師の絵らしいが、、火消しの鳶職人とは思われるが。。それが歌舞伎役者で、、でもなんで水滸伝なんだ??)

*1:CQ出版のある場所が巣鴨で下町だからこの絵柄を選んだ??それとも、海外に向けて日本文化を発信するため??CQ出版らしく往年のマイコンZ80とか68Kのマスクパターンをデカデカと載せてもいいのでは?とか思った