chakokuのブログ(rev4)

日々のごった煮ブログです

KPIT Cummins GCC + HEWでのコンパイル(start.asmを組み込む)

interface誌7月号の、GCC + HEWの記事を参考にしながら、gcc版でSH-2用のバイナリを作ってみた。当初なぜかstart.asmがリンクされず悩んでいた。原因は、記事で紹介された小技;「番地を固定するため、start.asmに.startのセクションを割り当て、リンクのsectionで.startのセクションの番地指定をしましょう」とあった件。紙面では、.startのセクション名と番地を指定して終わってるようだけど、もう一ステップ必要で、Contentsの欄に、一致条件(.start)を加える必要があるようでした。当初生成オブジェクトにstart.asmが組み込まれなかったが、この一致条件を足すと、正しく組み込まれるようになった。

上記HEWの拡大図、Contents欄に、.start テキストを追加した状態