chakokuのブログ(rev4)

テック・コミック・ごくまれにチャリ

勝尾寺〜箕面〜伊丹空港(行程83k)

前回時間がなくて勝尾寺で引きかえしたけど、今回は勝尾寺箕面伊丹空港と走った。

勝尾寺までの登りは前回も確かにきつかったが今回もやっぱりきつかった。プチげろ吐き的(失礼。吐いてませんがそんな気に)になってしまった。最後はただただ進んでいるだけという状態。コンパクトクランクに替える前に走った清滝峠も相当きつかったがそれに近いぐらいきつい。とりあえずなんとか勝尾寺まで到着。

あとは箕面に向けて下るだけ。冬の景色が綺麗です。チャリで下りは楽だけど、冬場の下りは寒いし路面の状況が悪くて滑りそうだし、、いい事がないですね。。(ネガティブな事言ってはいかんのかもしれんが)。念のため低速で後輪をロックさせてみたが、ツルリと滑るほどではない。。
こっちは下りで楽なので登ってくる人と軽く会釈する。。箕面から登ってくる人はみんな軽快にクランク回してるのですが、健脚な方々なんだなーと関心する。。

箕面の滝の近くまで降りてきた。どこが箕面の滝なのか分からず。。行楽に来られた方に「滝はどこ?」と聞かれたけど、自分も分からないのですとしか答えられず。後から調べると、少し下ったトンネル近くが箕面の滝のようであった。

箕面の駅前に到着。記念撮影。ここまで降りてくると暖かい。ゆっくり看板見てみたかったけど、なんか狭いし人も多いので。。ハイキングの方々もおられました。

次は一度行ってみたかった伊丹空港めざして南下する。箕面から豊中あたりまでずっと緩やかな下りの様で、軽くクランク回せばどんどん走れてしまう。。ペースが速いのはいいけど、なんか市街地は情報が多すぎるのか目が追いつかなくなる。道路や車を見ているけど、正しく認識できていないような。
どこで西に曲がるべきなのだが、どこで曲がっていいのか分からず、迷った。とりあえず、阪急の駅まで来た。目が疲れて?集中力なくなってきたのと、少しお腹もすいたので駅前のコンビニでパンと肉まんを買った。ついでにお茶*1も。今は阪急の曽根駅にいるのだけど、駅の路線図を見ると、一番近いと記憶していた蛍池よりも南下してしまっており、駅から西に向かって走り空港をめざす。

西に向かって走ると空港線に出くわした。そのまま空港線沿いに走ってもいいけど、できたら空港の南端に出たいと思ったので空港線を横切ってさらに西に走ってみる。。。といきなり千里川河川敷で空港南端に。ここは写真スポットのようで、飛行機を見る人、でかい望遠で写真を撮る人、いろいろいた。面白いのは、ジェット機の排気の関係で、「ここには立ち止まらないように」という看板があって、そんなにまじかで飛び立つのか!?という感じでした。待っていると頭の上をジェットが着陸していった。

今回空港をぐるっと一周してみるつもりだったので、敷地に沿って時計周りに走った。走ってる途中かなりトイレに行きたくなりどうしたものかと思っていると、またもやラッキーなことにスカイパークという空港の施設に出くわした。ここでトイレ休憩+ちょっと飛行機観察。

周りの景色を見てるとジャンボが着陸した。着陸するとき、タイヤからもうもうと煙が上がるのだった。。まじかで見るとリアルです。子供が小さかった頃に連れてくれば喜びそうだが、、もう大きくなったのでいまさら飛行機か?とか言いそうだし、そもそも車がないので無理だ。ゆっくり飛行機を見ていたいけど、チャリを適当に繋いできただけなので早々に引き上げる。

時計回りになるべく空港に隣接した道を走ってみる。写真はレーダか何かの装置。でかいアンテナがグルグルと回っています。70年代SF的風景。周りは普通の生活されている住民の方々で、こんな近くだったらジェットの騒音がうるさいのだろうなとも思う。

なんとか空港ターミナルまで来た。かつて東京単身赴任中、羽田空港のターミナルめざして走ったけど、最後はどうも車道しかなさそうであきらめたことがあった。さすが伊丹はオープンだ。またトイレに行きたくなって、通路に自転車をロックしようとしたら警備の方に「ここは駐車できません」と注意を受けた。すみません。

そんなこんなで空港一周は終わったので、また南下してとりあえず神崎川を目指した。南下するだけで神崎川に出くわしたので川沿いに上流に向かって走り、淀川を目指す。

途中タイヤがパンクしてしまい修理。スペアのチューブを持っているので、パンクしたチューブの穴埋めはせずに交換。これまでパンクはしたことがなかったのだけど。。あとから振り返るに、どうもバルブをしっかり閉めていなかった模様。。勝尾寺からの下りでパンクしなくてよかった。

神崎川に沿って遡ると淀川に合流。淀川は川幅も広く雄大な景色でございます。

朝からずっと走っていて、のどかで景色もいいので、いつものごとく、走ってるのがアホらしくなって、川岸に寝転ぶ。。ただし、犬の置き土産*2があるので無造作に寝転がってはいけない。あとは大橋を使って対岸に渡り帰宅

■走行記録

走行距離:83.18K (av 17.7k) in 4h41m
心拍数:av141 2384Kcal (34%fat)

ELITEの3本ローラで少し走ったので、平地は楽に走れた印象あり。負荷装置のないARIONだけど、それでも自分にはきつくて、ARIONで走る練習すると、実際の平地を走るとかなり楽に走れる。

*1:お茶飲んだせいで、このあとトイレ探しで大変なことに

*2:飼い主がわるいのだけど、河川敷なら自然に任せようという気にもなりますよね