chakokuのブログ(rev4)

テック・コミック・ごくまれにチャリ

インド料理に取り組む

自分はインド料理が結構好きで、新しい店を見つけたら入って食べています(先日、知人の送別会も近くのインド料理屋でやった。。)。スパイスの複雑さゆえか、これまであまり自分でインド料理を作ってみようという気にはならなかったのですが、今月号のMeets「カレー特集」を見てるとなんか無性に自分で作りたくなってきた。そこで、、本屋に行ってマニアック過ぎない本を選んで一冊買った。
買ったのは、「5つのスパイスだけで作れる! はじめてのインド家庭料理」という本。バランスが取れた良い本だと思います。
最初のレシピが、クミンシードの風味を学ぶための料理で、茹でたジャガイモをクミンシードのオイルで炒めるというものです。さっそく近くのスーパーで、クミンシード、コリアンダー、チリパウダー、ターメリックを買ってきた。

今回使ったスパイス。クミンシード(右側の小皿)と、チリパウダ+塩+コショウ(左側の小皿)

出来上がった一品。茹でるのはちょっと時間かかりますが、炒めるのはあっという間です。ターメリックとか入っていないので、色はジャガイモの白いままです。(家族からインド料理なのにカレー味が全くしないのはどうかというので少しだけガラムマサラを入れています)
味はというと、、数種類のスパイスだけですが、クミンの風味が活きてなかなか旨いです。後を引く旨さ。ヨメハンからは、スパイスは一種類だと尖るのでもっと増やすほうがいいのでは?と言われた。それは同感です。この料理はクミンシードの使い方を学ぶための料理なので。。

次回はチキンカレーを作ってみたい。そして、、チャパティもぜひ。。

自分はすぐに飽きて長続きしないので、カレー道がいつまで続けられるのか、、それは不明。。