chakokuのブログ(rev4)

テック・コミック・ごくまれにチャリ

シフォンケーキを焼く

部屋の温度が高い間(初夏〜秋)はオーブンを使うのを禁止されていて、最近少し寒くなってきたのでオーブン利用の許可が降りた*1。で、オーブン開きという感じでシフォンケーキを焼いた。久しぶりだったので、段取りというか、ポイントを外してしまって、メレンゲを泡立てすぎてボソボソになった。焼いてみると、味はまぁそこそこだが、かさが低く、シフォンの上の部分の肌理が詰まった仕上がりになった。今回の失敗を次回に活かさないといけない。
今回の一番の失敗であった、メレンゲ作り。砂糖を入れるのが遅くなって、卵白がどんどん泡立ってしまい、砂糖を加えるとすぐにボソボソになった。正しい手順は、泡立てる前にスプーン1杯分の砂糖を入れて、数分おきに砂糖を加えないといけない。

すべて混ぜ終わって型に流し込んでいるところ。まぁリボン状にはなっている。

型に流し込み終わった状態。調子がいい時とくらべて、すこし、かさが低い。まぁそれはしょうがないです。

焼き上がり。いつもと同じ、200℃の予熱→180℃で焼いた。今回はしっかり焼くつもりだったけど、焦げるにおいが漂うと、オーブンを止めずにはおれない。というわけで、、35分まで焼いて切り上げた。

型から抜いたところ。普段よりも高さがちょっと低い。

シフォンを切ったところ。味わい、口どけもそこそこ。肌理はまぁ普通。焼いてる時の上部になるにつれ目が詰まっている。泡立てのまずさか、焼き時間が短いのか?? 

*1:from妻