chakokuのブログ(rev4)

日々のごった煮ブログです

ESP32 + OpenOCD + GDB でデバッグ

BLEMIDIを動かそうとしているが、UUID128をadvertisingさせようとするけど関数からエラーが返ってくる。かなり確実そうなサンプルを使ってもやっぱりエラーになる。原因が分からない。
こうなったら、GDBデバッグか!?となったが、ESP32はST-Linkとかは使えないそうで、FT2232Hを使えとなっている。しかもWindows側のドライバを入れ替える必要があるらしい。
あーめんどうだ。。しかし、原因を掘らないと次に進めない。。

■追記
FT2232HというチップはUSB/Serial変換以外にJTAG,I2C,SPI等いろんな機能が詰め込まれたチップらしい。ちょっとシビレました。


JTAG Debugging - ESP32 - — ESP-IDF Programming Guide latest documentation



FT232HL ハイスピードUSBシリアル変換モジュール: 半導体 秋月電子通商-電子部品・ネット通販
いろんな会社から売られているけど、秋月のFT232Hが一番安い。。結線できるピン数も少ないが、これで十分らしい。日本橋ではサンハヤトとか高いのしか売ってない。あるいは、素のチップ単体とか。

■参考URL
ESP32 を FT232H でつないで OpenOCD+GDBでデバッグ - Qiita
ESP32で遊ぶ (開発環境を作る (4))
先人の方々がデバッグ手段を残してくれているので助かる。プログラムは難航中だが、デバッグ環境は確実に出来そうな気がする。