chakokuのブログ(rev4)

テック・コミック・ごくまれにチャリ

うっかりKinesisを放置しといたら月額が跳ね上がった件

社内勉強会の準備で、IoT のチュートリアルAWS IoT Core 初級ハンズオン)をやってみた。問題なく動作したので、安心してそのまま置いといた*1。日々の使用料も確認できるので、そこで確認すべきだったのだが、7月分の請求書届いて、4,500円になっていて驚いた。調べると、Kinesisを動かしっぱなしにしたせいだった。データが流れていないはずなのだが、、ストリームが存在するだけで基本料金が取られるのだろうか!?!?
反省点:EC2ならまだ単価が大体分かるが、ストリームサービスは料金の計算方法がよくわからない(1GB単位の受信データと送信データごとに従量制と思っていたが)。試算ツールもあるにはあるが。料金がよくわからない場合は、最低でも一日の料金は確認して、数百円/日だったら、月額数千円になるので、すぐに止めるべし(必要なら動かしておく必要あるけど、、個人でKinesis代が数千円って。。)。ヨメに怒られる・・・
以下はCostExplorerで確認した画面

請求書の抜粋

■ご参考URL
AWS IoT Core 初級ハンズオン
https://catalog.us-east-1.prod.workshops.aws/workshops/b3e0b830-79b8-4c1d-8a4c-e10406600035/ja-JP

*1:もちろん、ラズパイとかは停止させたが。。今から思うと、Kinesisはすぐに解約すべし