chakokuのブログ(rev4)

日々のごった煮ブログです

Interface誌付録SH-2;ROM化にはまる

Interface誌の付録、SH-2(72620)の基板を使って、自分の作ったサンプルソフトをフラッシュからブートできるようにROM化のテストをずっとしていた。。が、、どうやっても正常に立ち上がらなかった。。
で、Interfade誌のサンプルをあれこれ調べてみると、公開されているソースは、割り込み高速化対応が入っているけど、HEWモニタとの組み合わせを想定したソースのため、ROM化してHEWモニタ無しで動かすと割り込み発生後のレジスタ復旧?に矛盾を起こしてしまうらしい(と解釈しました。ちゃんと読んでいませんが)。ROM化するには以下の追加が必要とのこと。


void PowerON_Reset_PC(void)
{
set_vbr ( (void *) ( (_UBYTE *)&INT_Vectors - INT_OFFSET));
set_fpscr(FPSCR_Init);
INTC.IBNR.WORD = 0x4000; /*追加必要*/
_INITSCT();
ROM化が正しく動くサンプルは以下のURLにあるバージョンのようです。
自分で作ったROM化サンプルがどうしても動かないので、どうやってデバッグしたものかと悩んでいました。。

■ご参考URL

Interface誌サポートページ;「ROM化対応タイマ割り込みLED点滅制御サンプル・プログラムをアップロードしました」
http://www.kumikomi.net/interface/editors/2010/05/romled.php
対象サンプル:Interface_SampleROM.zip