chakokuのブログ(rev4)

テック・コミック・ごくまれにチャリ

Google Compute PlatformのDBについて

BigTableは使い始めるとすぐ課金されるので、無料枠設定のあるGoogle Cloud Datastoreを使うのがよさそうだ。

https://cloudplatform-jp.googleblog.com/2015/08/google-cloud-datastore.html

GoogleAppEngineからDataStoreにアクセスする事例。下記サンプルコードではDBアクセスのための認証のように思えるがこれはエンティティの例(と理解)

https://cloud.google.com/appengine/docs/standard/python/ndb/creating-entities
github上のサンプルコード
https://github.com/GoogleCloudPlatform/python-docs-samples/blob/master/appengine/standard/ndb/entities/snippets.py

GoogleAppEngineでDBを扱いたいなら、NDBClientを使えとなっている。
https://cloud.google.com/appengine/docs/standard/python/ndb/
https://cloud.google.com/appengine/docs/standard/python/ndb/entity-property-reference#properties_and_value_types

非常に分かりやすいNDBの使用例
http://appengine.keicode.com/gae/datastore-ndb.php

■補足

以下は間違いで、エミュレータを走らせずともDataStoreがローカルで動作している(詳細不明)
当たり前だが本番DataStoreはCloud上にある。一方、Webアプリの開発はローカルPCで行うので、開発用のDataStore(DataStoreエミュレータ)をローカルPC上に作る必要がある。作り方は以下の解説より

https://cloud.google.com/datastore/docs/tools/datastore-emulator?hl=ja