chakokuのブログ(rev4)

日々のごった煮ブログです

Swift UIをもう一度勉強したい。だが、Xcodeはどうも好きになれない→Windowsからのリモート操作で逃げる

プログラムを書くのにIDEを使わずに素のエディタ(Emacs互換のMeadowとか)を使っている。IDEは使い慣れない。キーバインドのせいか?分からない。新しい言語を勉強する時、サンプルコードであれこれ試す際にIDEを使うと、知識の蓄積とIDEの使用感の間で、個人的には相性が悪いと思っています。IDEだと溜まっていく感じがしない・・ できたらXcodeを使わずに、エディタであれこれソースを書いて、CUIでビルドして試したい。

少し調べるとCUIでビルドしたい人がいるようで、、例えば以下

コマンドラインだけでiOS開発したい人生だった - Qiita

GUIの開発だとSimulatorによるテストが必須なので、やっぱりCUIでのビルドは効率が悪いのだろうか。。

Xcode Command Line Tools というのがあるようで、、基本的にはXcodeでプロジェクトを設定して、使い慣れたエディタでソースを変えながらビルドする感じか。。だったら、、 Xcode + Emacsの組み合わせでいいのではないか。。

MacBook上でXcodeを走らせて、プロジェクトの設定とビルドを行う。
ソース修正は、WindowsPCからsshMacBookにログインして、MacBook上のEmacsで編集する。。 
何がしたいのか段々と分からなくなってきたけど・・・


Technical Note TN2339: Building from the Command Line with Xcode FAQ
iOS development on the command line | Eqela Developer Network
Build iOS apps from the command line using xcodebuild | Tarik Dahic

さらに深く考えて、、慣れない要因は、(1)Xcodeがもっさり遅い、ビルドに時間がかかる、(2)Xcode内のエディタがなじまない、(3)MACのUI全体がなじまない、だと改めて思った。普段使ってるWindows PCからMACが触れたら改善するかもしれない。

ApowerMirror
AirServer

自分の慣れない感覚が、MACのUIとXcodeのエディタに起因しているのなら、VNCを使ってMACの画面をWindows PCに出してGUI操作をして、ソースコード変更は、sshMACにログインしてCUIでやったらいいのでは?と思った。こうすると、最低限のMACXcode使用でSwiftのソースが書ける。
WindowsからMacのデスクトップをリモート操作。仮想デスクトップで瞬時に切り替え、超便利! | Cloud-Work
スキルが上がってきたら、Xcodeで書くのも苦にならないかも。。そこまで続くかどうかわかりませんが。

SwiftUI最初の一歩|快技庵 高橋政明|note

■追記
コマンドラインでビルドするのはかなり敷居が高いので、、以下の方法で代用

  1. 編集はWindowsPCからMacBooksshで接続してEmacsを走らせる。普段使い慣れたEmacsソースコードが書ける
  2. ビルドはXcodeを使うのだが、VNCを使ってMACの画面をWindowsPCに表示してWindowsからリモート操作。これで使い慣れないMACのUIのストレスから解消される。

この構成で使ってみたのが以下の画面。WindowsからMAC上での開発が可能です。そこまでしてなぜMACか?? 自分のスマフォがiOSで、iOS用のアプリを開発したいから。これで慣れないMACのUIによるストレスが解消されると思われるので、SwiftUIのサンプルコードを量産して、理解も深まると期待されるのだが。。