chakokuのブログ(rev4)

テック・コミック・ごくまれにチャリ

MindSetのMDT(Mindset Development Tool)を使ってデータを表示させてみる

MindSetを使ってアプリを作れるようにMDTが提供されており、ThinkGearConnector経由でC#で書いた簡単なGUIと繋いでみた。
ThinkGearConnector(TGC)はサーバで、TCP:13856ポートで接続することでMindSetのデータを取れる。C#にはTCP接続クラスがあるのでこれでTGCと繋いでデータを取得した。ただ、endianの関係で、floatを取得しようとすると、big-endian(Internet上のエンディアン)->little-endian(86系のエンディアン)変換が必要で、めんどくさい。一秒周期で、α波、β波、θ波等が数値で取れることが確認できた。今後の予定は、数値を波形にしてリアルタイムで傾向を見られるように改良したい。

■関連記事
茶国::MindSetのデータをグラフ化するツールを試作
http://d.hatena.ne.jp/chakoku/20100321/1269167946