chakokuのブログ(rev4)

テック・コミック・ごくまれにチャリ

ネスレ;ソリュブリュ版香味焙煎飲んでみた

どこかのブログで、ネスレから新しい製法(フリーズドライの粉末に、コーヒー豆も入ってる挽き豆包みというらしい、しかも、インスタントコーヒーではなく、ソリュブルコーヒーって名前も変える)になるというのが紹介されていた。これはぜひ飲んでみたいと思い、普段はあまり飲まないけど(ちょっと飲むときは)ゴールドブレンドだけど、まだ挽き豆包み製法(ソリュブル版)ゴールドブレンドが店頭に出ていなかったので、(ソリュブル版)香味焙煎を買ってみた。
で、、飲んだ感じですが、、香味焙煎自体が良くできているせいか、インスタントっぽさは無いのですが、かといってレギュラーコーヒーのような芳醇な風味かというとそうでもないような。。香味焙煎の中煎り端麗というやつを選んだせいか、あっさりしていて風味の良さがちと分からない。酸味より苦味が強いような。。今回のお試しでは、銘柄をゴールドブレンド→香味焙煎に変更して、さらに、インスタント→ソリュブルにもなったという変更パラメータが2つになってしまったので、どの変更要因で味が違うのか分からなくなってしまった。
ただまぁ、、コーヒーを飲む理由であるところの、体にカフェインがしみ込む感じ(コーヒー飲んだあとの余韻というか)は、香味焙煎はちゃんと残りますね。。仕事中、午後になると集中力が切れてカフェイン注入という場面では十分に役にたちそうだ。

ソリュブリュ版のコーヒーは、商品名表記も従来のインスタントコーヒーから、ソリュブリュコーヒーに変わっている。今陳列棚は商品の切り替わり途中で、従来のインスタント版コーヒーは安売りされています。