chakokuのブログ(rev4)

テック・コミック・ごくまれにチャリ

緑寿庵清水の金平糖

前から一度食べてみたいと思っていた京都の金平糖専門店(緑寿庵清水)の金平糖を買ってきてもらった。種類は非常に多いのですが、左の小袋は「生姜の金平糖」と「桃の金平糖」で、それぞれ555円(高いです)

金平糖一粒は小指の先ほどの大きさです。食べてみると口の中でゆっくりとけて、あっさりとした甘さと素材の味が広がる。。。確かに、これまで食べてきた金平糖とは違っていて、お茶会のお干菓子に出されるぐらいのはんなりした味わいです。

冊子によると、金平糖は完全手作りで、作るのに16日から20日かかるそうです。京都の老舗のお菓子なので、手間暇かかっているのは確かにそう思いますが、、値段がねー。。確かに奥ゆかしい味ではあるけど、特別の日のためのお菓子という印象です。(正直なところ、確かに美味しいけど、大阪人の自分としては値段がちょっと合わない印象。特別な人へのご贈答にはいいかも)

■ご参考URL
緑寿庵清水のサイト
http://www.konpeito.co.jp/
お店に行かなくても、電話かFAXで商品の発送をしてくれるそうです。興味のある方はどうぞ。。