chakokuのブログ(rev4)

日々のごった煮ブログです

waveshareのE-Inkディスプレイパネルを購入

これから暑くなるので、ESP32と温度センサで温度計を作ろうと思い、できたらE-Inkにして普段はDeepSleepと共に、パネルの電気切っておいて、30分周期で起床して、温度を測ってパネルの表示を更新・・また寝るようなのを作りたい。

まずはE-Inkのパネルを発注 (1.54inch、200x200の小さいやつ)
f:id:chakoku:20200627133211j:plain:w300

200x200, 1.54inch E-Ink display module, three-color, SPI interface | WFT0000CZ04
e-Paper/epd1in54b_V2.py at master · waveshare/e-Paper · GitHub

しかし、、よく考えるとパネルの電源をOn/Offするにはトランジスタか何かによる電気的なスイッチが必要だ。


ESP32を電池駆動するには、DC/DCコンバータが必要なんだろう。。電池2本で駆動している記事もありますが。。
AS1322A 昇圧型DC-DCコンバータモジュール(3.3V/5V) Ver.2 - AS1322A/V2 - ネット販売

液晶関連は全く分かっていないので、用語の勉強から。。用語解説
「液晶ドライバICに関する用語と文字記号」
http://semiconjeitassc.jeita-sdtc.com/spt/sc_pg/driver_IC_glossary.pdf

WaveShareのE-Inkディプレイ用のドライバを提供してくれている人がいる。ありがたい。
GitHub - mcauser/micropython-waveshare-epaper: MicroPython drivers for Waveshare e-paper modules
GitHub - ayoy/micropython-waveshare-epd: Waveshare E-Paper Display driver for devices running Pycom-flavored MicroPython

サンプルコードが2種類あって、V2と、バージョンなしの2種類。V2はファーム?更新版のようで、V2の基板にはV2のシールが貼られている。Waveshareから直接買うとV2が送られるのかも。自分は千石通商から買ったので、まだバージョン表記なし版である。V2あり・なしではディスプレイを制御するコマンド体系が違うのでV2あり・なしを間違えて、違うサンプルを動かしても正常に動作しない。