chakokuのブログ(rev4)

テック・コミック・ごくまれにチャリ

有馬玩具博物館で買った煙出し人形

明石大橋を渡ってみようと家族で小旅行をして、途中有馬に寄った。たまたま見つけた有馬玩具博物館で、煙出し人形を買った。煙出し人形とは、人形の中にお香を入れて香りを楽しむというものらしい。いろんな大きさの人形があったけど、でかいのは場所も取るしということで、一番小さいのを買った*1。人形の口からお香の煙が出るのでしょう。ドイツ製。

左の写真は、人形の上下を分割したところ。胴体の部分にお香を置くように金属の受け皿が付いてます。お試しのお香も3つ付き。

こういった香りもの、しかも、火を使うものはヨメサンに見つかると、かなり怒られるので、ヨメの不在中に使ってみた。左は台座にお香を置いたところ。結構煙が出ています。

人形の口からはタバコを吸っているような煙がもわーっと立ちのぼってなかなかええ感じです。が、、肝心のお香の香りですが、、煙がよく出るようにと視覚的効果を狙ってか、焦げ臭(いぶし臭?)が強くちょっと自分には合わない。もうちょっと甘みの強い香りが好みなのだが。。日本製のお香を焚くといい感じになるかも。
ヨメが帰ってくるまでには片づけて、しかも香りも消しておかないとばれるのであまり楽しんでいる余裕はないのであった。

■ご参考URL
有馬玩具博物館
http://www.arima-toys.jp/

*1:こっそり買うつもりがヨメに見つかって、少し怒られた。自分はこういう木製の手作り品にめっぽう弱く、一度手に取ると買わずにはいられない