chakokuのブログ(rev4)

テック・コミック・ごくまれにチャリ

ビルドしたkernelをBeagleBoneにインストールする

先日TiのSDKカーネルをビルドしたのでこれをBeagleBone用のSDカードにインストールする

以下はクロスコンパイルしたUbuntuでの作業
#インストール作業用にマウントするディレクトリを作成


mkdir /mnt/ti
mkdir /mnt/ti/boot
mkdir /mnt/ti/rootfs
#インストールのためSDカードをマウント

mount -t vfat /dev/sdc1 /mnt/ti/boot
mount -t ext3 /dev/sdc2 /mnt/ti/rootfs

#古いuImageを退避


cd /mnt/ti/boot
mv uImage uImage_YYYYMMDD

#カーネルをSDにコピーする


cp /usr/local/ti-sdk-am335x-evm0/board-support/linux-3.2.0-psp05.06.00.00/arch/arm/boot/uImage .

#古いモジュールを退避


cd /mnt/ti/rootfs/lib/modules
mv 3.2.0 3.2.0_20121229

#モジュールをインストールする


cd /usr/local/ti-sdk-am335x-evm0/board-support/linux-3.2.0-psp05.06.00.00
make ARCH=arm CROSS_COMPILE=arm-arago-linux-gnueabi- INSTALL_MOD_PATH=/mnt/ti/rootfs/ modules_install

#SDカードをアンマウントして作業用ディレクトリを削除


umount /mnt/ti/boot
umount /mnt/ti/rootfs
rmdir /mnt/ti/boot
rmdir /mnt/ti/rootfs
rmdir /mnt/ti

この後、出来上がったSDカードをBeagleBoneにさしてブート

■ご参考記事
リビルドしたKernelを用いたブート時のメッセージ
https://docs.google.com/open?id=0B0tdHEsmB1TGbjFtZEVRcEs5SGc