chakokuのブログ(rev4)

日々のごった煮ブログです

河内磐船からくろんど池へ(行程:27K)

河内磐船から登って峠に抜ける途中で休憩。体力トレーニングではないので休憩OKっす。確かに休んだ後は馬力上がりましたけど、くろんど池に向かう最後の坂がまたきつかった。ここで休んでなかったら最後まで走り切れなかっただろう。

くろんど池に到着。普段なにも運動していないので、かなりきつかったです。調子の良い時はノンストップでここまで来てましたけど。

くろんど池から163号に出て、168号を走って磐船神社に到着。茅の輪がまつられていました。正月から6月末までの半年の穢れを払う儀式だそうです(夏越しの大祓(おおはらえ))。自分は一回くぐっただけですが、正しいくぐり方があるそうです。まぁ神事ですから、正しい作法があるのでしょう。

ちゃりに乗るのがかなり久しぶりになりましたが、自分は普段運動を全くやっていなくて、体動かすの大好きという人種ではありません。家であれこれ細かい事をやってる方が好きだ。しかーし、久しぶりにちゃりで走ってみて、自分のエネルギーを外に向けて放出する活動というか、拡散するエネルギーの使い方というか、体を動かして現地に行って初めて体験できる事(側溝にチャリのタイヤ取られてコケそうにもなったし)とか、ちゃりに乗るのはそういうことなんだというのを改めて認識しました。だから。。何か物を作るような自分の内面に向かってエネルギー集中するような活動と、またその逆の、スポーツ等の外に向かってエネルギーを放出するような活動の両方をやって初めてバランスがとれるのではなかろうかと思いました。

■走行記録
距離:27.25K (AV 16.4)
カロリー:782Kcal(38%fat)

■追記
仕事がしんどくてチャリに乗っていた頃は、体を動かすことでいろいろ気づきがあったり重圧から救われた事もあったけど、最近は仕事もあまりびっくりする様な課題も発生せず、安穏な毎日のせいか、なんでチャリを乗るのだろうか?とさえ思っていた。だけど、、久しぶりに走ってみると、どこかの車のCMではないけど、「駆け抜ける喜び」というか、走ることで生きてる実感というのが得られた。外に出て走るとめちゃくちゃ喜ぶ犬の気持ちもちょっとは分かるというか。。

■ご参考URL
http://www.shinmeisya.or.jp/html/tinowa01.html
正しい茅の輪(ちのわ)のくぐりかた