chakokuのブログ(rev4)

テック・コミック・ごくまれにチャリ

ローランド エアロフォン(AE-10)を買った

値段も高いのでかなり悩んだけど*1、サックスを真似た電子楽器(エアロフォン)を買った。数日練習した程度だけど、指使いがリコーダ(小学校時代のたて笛)に近いので、#とか♭が少ない曲ならそこそこ吹くことができる。自分は中学時代はトランペットを吹いていて楽器演奏は中学時代で終わった。あとは子供のピアノ演奏を見に行ったりする程度でずっと音楽を聴く側だった。エアロフォンが本物の楽器か?と言われるとなんとも言えませんが、すくなくともプレイヤーとして音楽と接することができるのはとてもうれしい。
音だしは多分サックスと比べて格段にお手軽なんだろうと思う(サックス吹いた事ないので分からない)。ただ、電子楽器とは言え、マウスピースのくわえ方(アンブシャーと言うらしい)で音程が変化するので、吹けばいいというレベルでもない。それなりにくわえ方や息の吹込み方に気を配りながら演奏することが必要。
演奏できる楽器音はサックス以外にオーボエ、バイオリン、尺八、シンセらしい電子音とか入っています。特に尺八はかすれた感じが再現されていて、勝手にビブラートかかってるので、吹くだけでそれなりに聞こえる。多分尺八吹いてる人からするとリアルさに欠ける薄い音なんだろうけど(とお手軽電子楽器を使ってる自分を卑下してしまうコンプレックスが)。。
AE-10専用の練習本がほとんどないのですが、サックス互換ということで、アルトサックス入門の簡単な本を買ってロングトーンとかタンギングとか基礎的な練習をしています。長期的には耳コピ―した曲をMIDIの伴奏でアレンジして一人セッションをしてみたいけど。。自分の一番のリスクは飽きてしまうことで、、飽きずに続けられるかどうかが問題。

*1:生の楽器はもっと高いし、音が大きすぎて家では到底練習できない