chakokuのブログ(rev4)

日々のごった煮ブログです

ペペロンチーノ分量メモ(覚書)

二人分の分量
パスタ:300g、にんにく:1/3(塊(ホール)の1/3)、オリーブオイル:大3、タカのつめ:1

芽が出そうになったにんにくなら、風味が落ちてるので、塊の1/2ぐらい使う。

(0)湯を沸かす
(1)タカのつめ、にんにく(スライス)、オリーブオイルで、にんにくオイルを作る。材料をフライパンに入れてから火をつける。にんにくが軽く色づきだしたら一旦火を止める
(2)麺を茹でる。お湯の塩加減はラーメンの汁(濃いめの味噌汁?)ぐらい。(袋の茹で時間の1分前に茹で終わること。続く作業で加熱するので麺の芯は多めに残っていること)
(3)茹で上がり3分前に(1)のにんにくオイルを再度加熱
(4)麺を(3)に投入(麺は湯切りしてからオイルに投入)(※(1)のオイルの温度が上がりすぎないように)
(5)オイルと麺がざっと絡まってから、麺の茹で汁を(3)に追加、オイルと茹で汁を混合してクリーム状にする。
(6)塩分調整(食べていると結構薄いなーと思う事がある)
おわり

■調整項目

オイルの量が少ないと、のどが詰まるデキになる。逆に多いと油っぽく重くなる。
塩分を控える代わりにタカの爪を増やすと、味の薄さを辛さで補うのが可能
ご当地では、お湯の塩加減は海の水ぐらいと言われるらしいが、海水ほどに塩を加えると仕上がりが塩辛くなる(個人的感想)
にんにくをあまり増やしても美味しさUpにはつながらない印象。。
にんにくを入れすぎるとお腹がゆるくなる(にんにくの芽はさらに緩くなる要因なので取るべき)