chakokuのブログ(rev4)

テック・コミック・ごくまれにチャリ

料理教室で実習(エビチリ、チャーハン、ワカメスープ、わらび餅)

月に一度の料理教室に行った。今回作ったのは、エビチリ、チャーハン、ワカメスープ、わらび餅であった。今回学んだのは以下

  • エビは匂いがあるので下ごしらえする。下ごしらえの方法は、エビは皮を剥いて片栗粉と塩をまぶしてよく揉んでから洗う。そうすると黒いアクがよく落ちて風味がよくなる。エビは衣を付けて揚げるのだけど、背中から包丁を入れて背開きにする。背ワタも取っておく。180℃の油で揚げる。
  • チャーハンはよく鍋を熱してから油を入れる。鍋肌に油を回して油通しする。ご飯をパラパラに仕上げるために、まず卵かけごはん状態にしておいて、熱した鍋と油に投入、よく火を通す。一旦卵でコーティングされたご飯を取り出して、具材を炒め、先ほどのご飯を戻して全体を合わせる。調味料として、醤油、鶏がらスープ、昆布茶、生姜汁等を混ぜたものを鍋肌から入れて味を調える。
  • わらび餅は作った方が独特の食感があって非常に美味しい。器で冷やすと固くなりやすいので、スプーンで小分けにして水を張ったボールに入れて冷やす

普段家でエビチリする時はエビを揚げずにそのまま鍋に入れてましたが、一度揚げるとチリソースとよく絡むので美味しくいただけます。油で揚げたエビを見て、皆さんはこのまま塩で食べたい〜と声が上がっていました。確かに。半分ぐらい家に持って帰りましたが、どれもみな家族には好評でした。普段家で作る料理と比べて調味料もいろいろ入っていますし味に深みがあるのでしょう。