chakokuのブログ(rev4)

テック・コミック・ごくまれにチャリ

ロールケーキを作る

家族の要望でロールケーキを作った。新しいオーブンになってから初めて焼いたので途中かなり変になった。最終的には仕上がったけど反省点も多い。
スポンジの材料

  • 卵3(今回は186g)
  • 砂糖70g
  • 牛乳 大1
  • 小麦粉50g

クリーム等

  • 生クリーム 200cc
  • 砂糖 大1.5

予熱210℃で、焼きは190℃、12分

卵は3つ、重さは186g

別立てで作っている生地の卵黄側の状態。白っぽくなりぽったりした状態

メレンゲの泡立て終了。今回はシフォンの時ほどは冷やしていなくて、泡立ちが早く砂糖を入れるタイミングが遅れたのでちょっと焦った。やっぱり泡立ちが早すぎないよう卵白はしっかり冷やすべきかも

卵黄に対してメレンゲを何回かに分けて加えて混ぜる

別立てで仕上げた卵黄とメレンゲの混ぜ終了

ふるった小麦を何回かに分けて投入(普通は2回)

小麦粉の混ぜ終了。今回の反省としては、2回に分けるべきところが小麦の投入にてこずり4回ぐらいになってしまった。やはりふるい等からふるいながら入れるべきかと。

仕上がった生地をオーブンの天板に流し込む。いちおうリボン状にはなっている。

表面をカードでならす(完全にぺったりとはできず)。まぁ全体的に見た目は普通。

オープンで焼いてる途中の状況。なぜかベコベコで小山があちこちに。。まるでジオラマ状態。一体この膨らみの下はどうなっているのか!?

スポンジ焼き上がり。見た目は普通そうだが

買い替えたオープンの角皿。中央が盛り上がっている。スポンジがジオラマ状態になったのは、このせいか、あるいは、自分の生地の作り方の問題か。。

生クリームの泡立て状態。くっきり角が立つまで泡立てた。冷やすのでクリームが固くなるけど、、今回はこの程度で使用

フルーツを並べたところ。フルーツ多めを目指してます

巻き終ったので冷蔵庫で冷やしてなじませる。

切ったところ。フルーツ多めの仕上がりではある。今回生クリームの商品名が明治の十勝だが、これが結構牛乳の味を残した仕上がりで(牛乳が苦手の)ヨメハンにはあまり評判良くなかった。写真を見ても分かるように、スポンジが非常に薄い。食べていると、クリームとフルーツが大半で、ケーキを食べているというよりクリームパフェのような味のバランス。やっぱりスポンジは1cm〜1.5cmぐらいないとだめだと思った。

■反省点

  • 卵白の泡立ては砂糖を少しずつ入れる、一度に大量に入れない。また、十分冷やしてから泡立てを始める(温度がぬるいと急速に泡立ってしまう)
  • 小麦の投入は、ふるい等から入れる、2回で収まるように手早く行う。
  • 結構庫内の温度が高いのか、190℃で12分だと焼きすぎ。11分ぐらいにすべきか
  • 生クリームは乳脂肪分が低い目を使う
  • オーブンの天板は中央が盛り上がっているので、ロールケーキ用の焼き型を使う

ロールケーキは過去2回焼いてるようだけど、、ケーキ作りの腕は上達しているのかそれともじり貧か。。不明。