chakokuのブログ(rev4)

テック・コミック・ごくまれにチャリ

NUCLEO上で開発したドライバをSTEVAL-DRONE01に移植、PWMでモータを制御

これまでNUCLEO上でSTM32用のドライバを作ってきて、大体そろったので、順次STEVAL-DRONE01に移植。マイコンの系列が違うのでレジスタの番地も違うし、フラグの位置も違うので結構変更が発生しています(HAL使っていないのでしょうがない)。とりあえず、シリアルとPWMは移植できたので、ドローンのプロペラを超低速で回してみた(PWMのDutyを下げて駆動)。そもそもモータを駆動する本筋の電源(回路図で言うところのVBAT+)を供給していないので、飛び上がる程にはモータは回りませんが・・・
ご参考に動画は以下
youtu.be