chakokuのブログ(rev4)

日々のごった煮ブログです

arduinoのnanoコンパチを試作中。。かなりはまってます>なんとかIDEと接続OK

arduinoの回路図を見ながら、nanoのコンパチを目指して試作中。いきなり最終版のボードでデバッグするのは大変かと思って、ブレッドボード上でテスト。。そもそもシステムクロックが仕様と違っているのだが。。手持ちがなくて。。
少なくとも、IDEとAVRはうまく繋がらない状況が発生中(それはクロックのせい?)

仕様:16MHz、手持ち:12MHz。。(もちろんMakefileのクロック定義文は変えているのだけど)


■追記
当初、AVRに焼いたboot loaderがwarm-startを繰り返す理由分からずprint文デバッグなんかもやったが、シリアルからの入力がなければ、そもそもそういう仕様のようで、IDEとAVRが繋がらない原因はクロックの違いによるシリアルのボーレートの違いが原因だった。多分、Makeで普通に指定して焼けば本番のボード上でもちゃんと動くと思われる。(でもまだ分からないのは、コンパイルされたバイナリを落として電源を再投入すると、boot loaderではどうやってDLされたことを判断して、実行が移れるのか。。)

そもそも、AVRとかオチャメなマイコンは自分の思いつくままに作りたくて、他人のミコシ(=arduino)に乗っかるのは気がすすまないんだけど、社内でarduinoの勉強会をやろうということになって、試作しております。。(最新の状況ウオッチしていませんが、なんか社内勉強会の参加者は少ないような。。便利とは思うんですけど。。)