chakokuのブログ(rev4)

日々のごった煮ブログです

プラスマイナスゼロの一枚焼きポップアップトースター

朝にパンを食べられるようにプラスマイナスゼロのポップアップトースターを購入。

他の人の記事を見てると、オーブントースターよりもポップアップトースターの方が断然美味しいという記事が多く、ポップアップを選択。
で、このトースターですが、コンパクトで、ミニマルデザインが気に入りました。焼き加減ツマミとパンを下に落とすレバーの二つしかありません。なんと潔い!。でも冷凍パンを食べる人はどうやって焼くのか??焼き加減ツマミを最大にする??家には冷蔵庫がないので関係ないけど。。。
最初は2枚焼きでええかと思ってましたが、2枚焼きトースターでパンを一枚焼くと、残る空いてるスロットの電熱が入ったままになるのが普通らしく、これはなんだか無粋な設計だなーと思い、一枚焼きを買いました。
他のトースターと比べるとちょっと割高ですが、デザイン料と、一枚焼き製品という珍しさのせいでまぁしょうがないでしょう。本体はコンパクトで余計な装飾がなく、今の生活にぴったりなので満足してます。

試しに焼いてみましたが、確かにふっくら焼けます。大阪の自宅では、オーブンレンジでパンを焼いてましたが、広い庫内で、6枚切りの薄いパンを焼くので、時間はかかるし、焼けたパンも結構固くなります。一方、ポップアップトースターの場合、接近したヒーターで一気に焼き上げるので、外はサックリ、中はフンワリと焼きあがります。

補足
この休日、久しぶりに家のオーブンレンジで時間かけてパンをトーストした。食べてみた。確かに、時間がかかった分、焼けたトーストは固い。が!自分の歯でかみ締める固めの焼き上がりのトーストが好きだったことに気が付いた(それは単に慣れの問題か)。。ちなみにイギリスで食べられているパンは薄切りだけど結構固い(コシが強いというか)そうです。