chakokuのブログ(rev4)

日々のごった煮ブログです

子供に連れられ、鉄道の日にJRに乗りまくる

詳しくは分かっていませんが、10/12は鉄道の日とかで、一日乗り放題のきっぷが使える(正しくは、10/4 〜10/19の間、利用可能)。子供が、にわか鉄っちゃんなので、いっしょに連れていってもらうことに。朝8時頃に家を出て、琵琶湖をぐるりと一周した。さらに、途中、足を伸ばして敦賀まで行った。以下簡単にレポート。。

9:57 JR彦根駅
彦根駅には「ひこにゃん」はいない。

駅前から彦根城に繋がる道。見通しもよく綺麗に整備された道路。弓道部と思われる学生さんが歩いていて、文化都市という印象。。

彦根城のお掘り。大阪城もデカイですが、彦根城もでかい。そもそも城という建築自体のスケールがでかいんでしょうな。デカイといっても江戸城ほどではないですが。。

本丸への道のり。石段(正しくは??歴史面の語彙不足です)はごつごつしていて歩きにくい。彦根城って戦争はあったんでしょうか?なかったんでしょうか?こんな道を甲冑を身につけて駆けあがったりしたんだろうか。。と想像しながら歩く

11:36 彦根城
登りきった所は公園のようになっていて、本丸と思われる。そんな広場ににぽつりと天守閣が。。再建されたと思われる天守閣はぽつりと建っていて周りの建造物とあまり調和していないような気も。。天守閣に入るのに1時間待ちだったので、今回はパス。

訂正(081019)

再建されたと思っていた天守ですが、昔から残っているそうです。それにしては綺麗だ。。

本丸から見える琵琶湖。その昔、城主方々も、こうやって琵琶湖を見たのだろうか。。ちなみに、「ひこにゃん」の出演時間は、ちゃんとスケジュールが決まってて、適当にぶらぶらしているわけでは無いようだ。この後、昔から続くといわれている和菓子屋さんでお土産を買って、駅前の寿司屋兼食堂でお昼にした。昼飯を食いながら、当初予定を変更して、敦賀まで行くことに。

彦根という場所のまとめ

これまで彦根ってどんなところかまったく知らなかったし、今回もお城を見たらすぐに移動てな予定だったが、いざ彦根に行ってみると城下町の文化が残っているようで、いろいろ見る所があって、これは一日ゆっくり過ごしたいと思う程であった。特にこの日はお城でお茶会をやっていて、時間があったら参加したかった。なにしろ、普段はどんぶり茶碗に抹茶をいれて、立ってお茶を淹れてるような状態だから、本当のお茶会を経験したかった。それに、お茶会の部屋がまた庭に面したいい所で、、、はぁ〜縁がなかった。


13:01 JR米原駅
今回の切符は途中下車可能なので、米原なんぞでも降りてみる。米原ってのは、新幹線で大阪にもどる時、あーもうすぐ京都到着だーという目印の駅、かつ、冬場は、米原を通過できるかどうか?の駅で、自分に取っては結構重要な駅なんだが、降りてみると、なんだかさびしい駅だ。そんなこと書いちゃいけないのかもしれないが。。でもやっぱり、なんだかさみしい印象。。

14:23 JR敦賀駅
 予定があってないような旅なので、彦根で予定変更した通りに(こどもは時刻表持参。。)、敦賀に到着。

敦賀って漁港の町なので、それなりに活気のある町です。詳しくは分かりません。乗り換え時間は1時間なのですが、やはり敦賀まで来たのだから日本海を見るべく、敦賀湾まで歩いていくことにした。これが無謀だった。

14:55 敦賀
 30分ぐらいかかって、敦賀湾到着。天気もよく、波もなく、岸壁で釣りをする人も。本当だったら海風に吹かれながらぼーっとしていところだが。。

14:55 敦賀
漁港なので、漁船が岸壁に繋がれている。急いで戻らないと電車に乗れない。しかもあと30分ぐらいしかない。一本遅れるとそれ以降の行程が1時間ずつずれる。。かなり危機的な状態に。最初はバスかタクシーで戻ればいいかと思っていたが、港周りを走るタクシーもバスもなく、結局敦賀駅まで走って戻ることになった。。しかも子供は駅前のお土産屋さんで、「敦賀」と書いた提灯を土産に買いたいと言ってるし。。

敦賀のまとめ

敦賀も冨山方面に行くときに高速道路だと通過してしまう場所なんですが、行ってみるとなかなか活気のある町で、漁港ということもあり、魚がおいしいのではないか?と期待させてくれます。夏に泊りで来たいと思いました。今回の乗り換え時間が1時間なので、半分は走っていました。。

今回の旅をふりかえって

出発が8時頃で家に着いたのは19時頃でした。今回の旅は、大半の時間、電車に乗っていたのではないでしょうか。かつて、よめはんと結婚した時も、琵琶湖一周したのでしたが、そのときは途中で喧嘩して別々に大阪に戻ったのでした(ヒドイ旅だった)。が!今回は子供(長男)と二人だけだったので、喧嘩することもなく、やや淡々とした旅になりました。どうも男同士ということもあって、普段はあまり話もしないのですが、電車に長時間揺られていると、旅という時間を共有してなんかお近付きになれたような(笑)気もします。子供はにわか鉄っちゃんというともあって、電車に乗っているだけで幸せそうで、自分も普段の寝不足のせいで、電車に揺られて寝て寝て寝まくるという一日でした。
ちなみに、敦賀から大阪までは快速でしたが、これが線路トラブルで遅れて大阪まで3時間かかりました。3時間だったら、新幹線時間で換算(そんな換算がそもそもおかしいのかもしれませんが、JRの長距離移動=新幹線時間になってしまっているので)すると、東京〜大阪間よりもまだ遠い。。やはり敦賀は遠い。。

彦根の老舗和菓子屋さん;いと重で買ったお土産。「あわの海」というらしいです。結構甘いです。

ちなみに、今回の旅で乗り降りをいろいろやって、普通に切符を買った場合と比較した結果、すこしトクをしたそうです(子供の計算より)。